コラム

リンスーとコンディショナー、トリートメントの違い

2017年11月7日

 
どうも!
Hair&make Pure アシスタント
サクリョウこと櫻井涼です!
 
 
サクリョウの自己紹介☆
 
 
 

 
 
みなさんはシャンプー後に何を使っていますか?
 
リンスー?コンディショナー?
それともトリートメント…?
 
 

 
 
意外と知られていないそれぞれの役割と、
違いについて今回は紹介させていただきます(^O^)
 
 

リンスーの役割

 
まずはリンスーから!
 
リンスーの役割は
髪の表面をカバーし、水分の蒸発をおさえて指通りをなめらかにします。
シャンプー後の、素の状態になった髪を油分を保護してくれます。
 
 
いわばコーティング剤のような感じですね。
 
 
リンスーは表面を保護するもので、内部には浸透しません。
なので時間を置いても効果に変化はないです!
 
 

コンディショナーの役割

 
 
コンディショナーの役割は
 
なんと
リンスーとの大きな違いはありません…
目的は一緒です!
 
 
コンディショナーは
リンスーよりも保湿効果が強く、
髪の毛のコンディションを整える力が強い
ものがあります!
リンスーに+効果が加わったようなものですね。
 
 
どちらも目的は一緒なので、シャンプー後のゴワつきを抑えてくれる効果があります。
 
 
どっちがいいのか…と迷ったら
 
 
リンスーに+効果のあるコンディショナーだと思います。
 

トリートメントの役割は?

 
さて、リンスーとコンディショナーは役割は同じでしたが
トリートメントは違いがあります。
 
 
トリートメントは
髪の表面のキューティクルを開き、内部に作用します。
 
なので、トリートメントをつけて5分程の時間を置いてあげると、内部まで浸透してくれます。
 
 
強いパサつきやダメージ毛の方はトリートメントがおすすめです。
 
 
 
そんなトリートメントの注意点ですが、
 
 
内部に浸透してくれる効果。時間を置けば置くほど良いというわけではないです。
カラーをされてる方だと、色落ちしてしまうので気をつけましょう!
目に見えて落ちはしませんが、
毎日やると着実に落ちていきますので注意が必要です。
 
 

共通する注意点

 
 
共通する気をつけるべきことは…
つけ方には注意が必要です。
 
 
それは
 
頭皮にはつけない!
 
ということ。
 
 
頭皮にもしっかりつけてしまうと、
保護する成分がかえって毛穴の詰まりを引き起こしてしまいます。
 
つける時は根本はさけて、中間~毛先につけていくようにしましょう。
頭皮についてしまった場合はしっかりとすすぎを!
 
 
 
更にダメージをおさえたい!!という方は
トリートメントとコンディショナー、またはリンスーを
併用して使うと効果バツグンです(´∀`)
 
順番は
トリートメント→流す→コンディショナー(リンスー)
 
トリートメントで内部を
コンディショナーで表面をコーティング。
 
 
逆だとコンディショナーでフタをされてしまうので、トリートメントが浸透しづらくなってしまいます。
 
 

さいごに

 
いかがでしたでしょうか
今回はそれぞれの役割を紹介させていただきました
 
実は、人によっては
これらは必ずつけなければいけない!
ということでもないです。
 
 
例えば
カラーやパーマをした事がなく、髪の毛本来の油分が多い方。
つけすぎるとベタベタしてしまいますね。
 
ツーブロック部分や、かりあげ部分。
僕も小学生の時、ボウズにしたときにコンディショナーを塗りたくってました(笑)
はやく伸びるんじゃあないかと…
 
美容師になって効果を知った今、ゾッとしますが(笑)
 
 
正しい使い方、適した方法で
良い美髪ライフを!
 
 
それでは!

このコラムを書いた人