コラム

温泉でカラーやパーマはとれる!?

2017年9月17日

 
 

こんばんは!
Hair&make Pure アシスタントの
サクリョウこと櫻井涼です!!

↓自己紹介はコチラ↓
☆サクリョウの自己紹介☆

 
 
 

9月も後半になり、寒くなってきましたね(>_<)

先日、僕は北海道にて「湯の花」という温泉にいってきましたー!

寒くなってくると温泉!行きたくなりますね(^O^)

 
 

ただ、カラーやパーマをされた後の温泉は注意が必要です!

まず、日本の温泉はpH8以上のアルカリ性が多いです。

数字が大きくなると強いアルカリ性になります。

 
 

健康な髪の毛はpH4.5〜6の弱酸性がベストな状態となってます。

 
 

温泉に髪をつけてしまうと、髪の毛がアルカリ性にかたむいてしまいます…

髪の毛がアルカリにかたむくと、髪の表面のキューティクルが開いてしまい、パーマやカラーの成分が取れやすくなってしまいます!

さらに髪の毛がパサつきやすくなってしまいます

 
 

カラーやパーマなどでも、ほとんどの薬剤がアルカリ性で、毛髪の表面を開いて中に入れていく仕組みです。

逆に、日本の水道水はpH7の中性で、パーマやカラーをされている方には問題ないです。

 
 

温泉での対策としては、
「髪の毛を温泉に浸からせないようにすること」
です!

※シャワーからも温泉水が出るところがありますので注意(^_^;)

 
 

温泉にいくとサウナがありますが、好きな方は好きですよね!

僕も結構好きで、繰り返し入ってしまいますが…

サウナも髪へのダメージが…

髪の毛がかなり高温になってしまうので、乾燥してしまい、髪への負担が大きくなります…

濡らしたタオルを巻いて、髪を熱から守りましょう!

 
 
 

温泉はお肌にはいいですが、
場合によっては髪にはよろしくないことも…

しかしあれもダメ、これもダメ。では何もできなくなってしまいますね…

しっかりと対策をすることでダメージや色落ちを防ぐことができます!

 
 

それでは 皆さん良い温泉旅行を(^O^)

このコラムを書いた人