ブログ

ホシノ、伊香保に立つ!!

2015年3月4日

前回のおさらい 
年に一度の社員旅行にでかけた一同は
伊香保にある石段を登っていた
そんな中、俺たちの目にとまった謎のお店 
【遊技場 射的 大坂屋】
そこに待ち受ける刺客とは!?
そして、酔っ払ったオーナーの運命は!?

射的屋の婆『よく来たな!』

俺たちが戸を開け、目にしたのは
長きに渡りこの遊技場で戦ってきたと思われる
豪快なばあさんと
ばあさんとともに何度も修羅場をこえてきたとされる
猟銃が並んでいた。。

なるほど、これが刺客ってわけか。。。

射的屋の婆『やってくのかい?』

ばあさんは不敵に笑う。

ほとんどのスタッフは普段見慣れない銃と
なんともいえない重い雰囲気に圧倒され
言葉が出なかった。

そんな中

『フッ おもしれーじゃねーか
         おれはやるぜぇ!』

今年初参戦新人の櫻井が吠える。
同時に我に返ったかのように
一同もやる気をだし始めた。

櫻井、おまえってやつは大した男だ。

射的屋の婆『..威勢がよいのう。まぁせいぜいがんばりな。。。』

ばあさんの余裕な表情をみて

俺はばあさんの
鼻を明かしたい気持ちでいっぱいになった。

まずは銭を渡し 弾(コルク)をもらう
銃を持つと思った以上に重かった。。。
手入れもしっかりされている。
よくみると細かい傷がいくつかある
歴戦のものなのだろう。
その傷がより、こいつに重みを与えているのだろうか。
銃はシンプルなボルトアクション方式だ。
みんなそれぞれのペースに弾をつめ、そして撃ちだした。。
一同がが慣れ始めた頃

『あっ!やべぇwww』ドガーン

荒井が早まって発砲してしまった。。
完全なる誤射。。
あまりにも突然の出来事だった。
荒井が放った弾丸はあらぬことか
跳弾し岡田の身体を打ち抜いた。。。

ドクドク…

岡田『な、なんだこ…れ……』

一同『お、岡田ぁぁあああああああ!!!!!』

岡田『あ、あれ?俺撃たれたんすか?』
岡田『…参ったな。ハハ』

川田『もういい!しゃべるな!!!早く手当を!!!』

岡田『…うっ…お..俺きっと…もう…このままだと足手まといなん…で置いてって…下さい…。』

川田『ばか野郎!!そんなことできるわけないだろ!!!!』

櫻井『…川田さん。。。置いていきましょう。』

川田『てめぇ櫻井この野郎!!!おかっちを置いていけんのかぁ!!!!』

櫻井『岡田さんの為にいっているんです!!!俺だって本当は……』

岡田『ありがとな。櫻井…つーことでおれは少し休んでます…あとはたのむぞ…川田..。』

川田『わかったよ。おかっち。。』

そんな俺たちの悲劇を見て
ばあさんは言った。

射的屋の婆『…フレンドショット。味方の流れ弾、誤射があたってしまうことなど、銃を扱う以上よくあることじゃ。今回はその男に運がなかっただけじゃ。』

川田『あんたってひとは!?』

怒りに満ちた表情
川田は今にも飛びかかりそうな自分を必死に抑えつけていた。
あのばあさんに勝つにはこの射的しかない。
そのことがわかっていたからだ。。

隣の一同をみると同じ顔をしていた。
この時、ばらばらだった
みんなの気持ちは初めて一つになった。

【この戦い、負けられない!!!】

そこから俺たちの猛攻が始まった。
休む暇なく撃ち続けた。
日頃のシャンプーによって鍛えられた下半身は不安定な姿勢でも正確な射撃を実現した。
まさかこんなとこでやくにたつとは…
どのくらいたっただろうか
戦いもいよいよ最終決戦に近づいていた。

残弾残り一発!!!

あと一。あと一つのターゲットを撃ち落とすことができたら、
勝利というありきたりな展開

最後の弾を託されたのは
我が社の最終兵器 上野さん
だが上野さんはもう限界だった。。
度重なる戦いに腰が悲鳴をあげていた。

射的屋の婆『なかなかの奮闘じゃったが、もはやここまでじゃ、その身体では限界じゃろう。』

川田『くそぉ!!!あと少しなのに…』

皆が肩を落とす 

荒井『ッ!!まだだぁぁああ!!』

荒井がふらふらの上野さんを抱き着くように支えた!!
荒井のあとを追うように一人、また一人と上野さんを支えていく、
その姿はまさに戦隊モノの最後の必殺技!!!!

一同『いっけぇぇぇぇぇえええええ』

この一撃で落とせないわけがない!!!!!!

ドガーン!!!!!!!!!!

射的屋の婆『み、見事。おぬしらの勝ちじゃ。。こいつを持っていけ。』

ばあさんはミョルニルというハンマー(ピコピコハンマー)をくれた。。

こうして俺たちは射的屋を後にした。。
いろんなものをなくし、
いろんなものを手に入れた。

あの時 俺たちには確かに感じられた。

目には見えない絆という力。

そしてなによりもドラゲナイだった。

そのころオーナーは足湯に浸かっていた。

 尚、多少フィクションも混ぜております
射的屋はおばあさんとてもいい人でした。